speakers2015

Conferencistas


Mitsuyo SAKAMOTO

Data: 10 de agosto, 2a-feira
Horário: 11:00 -12:30
Conferencista: Profa. Dra. Mitsuyo Sakamoto (Universidade Sophia, Japão)

Title: “Superdiversity within the Japanese-Brazilian community: Exploring language and cultural maintenance among Japanese new- and oldcomers in Brazil” (“Superdiversidade na comunidade nipo-brasileira: explorando questões de manutenção linguística e cultural entre japoneses imigrantes antigos e recém-chegados”)

Conferência proferida em inglês

 5a7d96b9de7d1c8c10d19c41d04ca023

Shinji SATO

Data: 11 de agosto, 3a-feira
Horário: 14:00 -15:30
Conferencista: Prof. Dr. Shinji Sato (Universidade de Princeton, EUA)

Título: ¨O ensino da língua para a inclusão na comunidade e na sociedade e a identidade dos aprendizes¨

Conferência proferida em japonês

 bdqswjs1okaux9li3nspoche9kd9ncr
 

Mina KOBAYASHI

Data: 12 de agosto, 4a-feira
Horário: 14:00 -15:30
Conferencista: Profa. Dra. Mina Kobayashi (Universidade de Waseda, Japão)

Título: ¨A quem pertence a língua japonesa?¨

Conferência proferida em japonês

 kobayashi

Palestrantes


Nobuaki MINEMATSU

Data: 10 de agosto, 2a-feira
Horário: 14:00 -15:30
Palestrante: Prof. Dr. Nobuaki Minematsu (Universidade de Tokyo, Japão)

Título: “Perceptual and structural analysis of pronunciation diversity of World Englishes” (A análise perceptivo-estrutural da diversidade de pronúncia de “World Englishes”)

Palestra proferida em inglês

 gzy

Toshiyuki SADANOBU

Data: 13 de agosto, 5a-feira
Horário: 13:00 -14:30
Palestrante: Prof. Dr. Toshiyuki Sadanobu (Universidade de Kobe, Japão)

Título: “Japanese phrases in speech” (Frases japonesas no discurso)

Palestra proferida em japonês

 写真

  • É necessário realizar a inscrição para os minicursos até dia 31 de julho. [inscrições encerradas]
  • A inscrição pode ser realizada por aqui (peatix) ou por aqui (google form).
  • Para os minicursos 1 e 2, os palestrantes recomendam que o participante traga  notebook, tablet ou um aparelho com acesso à internet.
  • Os minicursos serão ministrados na língua japonesa.

 

MINICURSO 1

[primeira parte] – 09 de Agosto de 2015  13:00-14:30

Treinamento sobre o modo de falar japonês

Palestrante: Chieko Nakagawa (Universidade de Waseda, Japão)

nakagawa

聞き手にとって聞きやすく分かりやすく、話し手にとって言いやすい話し方についてトレーニング方法を考えたいと思います。話すときは、発音だけでなく、声や態度が大事なポイントとなります。

まず、発音学習では、学習者も教師も続けることが重要です。これは、発音学習だけでなく全ての学びに共通することではないでしょうか。学習者自身が自分の発音に気付くこと、そして意識し続けることが大切です。「できること」を続けること、学習者自身が自律的に学習を進められるようにすることがポイントです。また、教師が難しいと感じていては、なかなか発音指導に取り組むことができません。そこで、学習者にとっても「できること(学習可能)」教師にとっても「できること(指導可能)」である必要があります。また「運用できること」が肝心です。こうした点を考慮した、入門・初級レベルからできる学習・指導方法の1つを紹介します。この学習・指導法では、意味的な句切りと日本語の特徴である「へ」の字型イントネーションに焦点を置きます。具体的な指導例と、オンライン日本語アクセント辞書(OJAD)内の活用例を挙げて紹介し、実際に練習します。また、参加者のみなさんの学習者に合った指導・学習方法を、いっしょに考えたいと思います。

Breve currículo

Doutora em 2011 pela Universidade Ochanomizu, docente em tempo parcial na Faculdade de Humanidades da Universidade de Waseda, na Universidade Gakushuin e na Universidade Daitoubunka, lecionando disciplinas como Língua Japonesa, Fonética da Língua Japonesa e  Treinamento Prático. Realiza atividades de orientação e treinamento sobre as formas de aprendizagem de entonação, considerando as possibilidades do aprendiz, do professor e de sua aplicabilidade no cotidiano.

[segunda parte] – 09 de Agosto de 2015   14:45-18:00

OJAD  Dicionário online de acentos da língua japonesa

Palestrante: Nobuaki Minematsu (Universidade de Tóquio, Japão)

gzy

「日本語らしく自然に聞こえる発音を身に付けたい」と考える学習者は多いですが,音声・韻律教育が十分に行われてきたとは言えない状況にあります。教師からは「イントネーションの効果的な指導方法がわからない」「アクセントは文脈で変わるし,共通語アクセントを教える自信がない」という声を聞きます。このような現状を鑑み,アクセント・イントネーション教育を支援する web インフラである,オンラインアクセント辞書(OJAD)を開発しました。

活用後の用言や名詞のアクセントが簡単に調べられる「単語検索」や,タイプした任意の文に対してアクセント,イントネーションを可視化し,その通りに読み上げてくれる「スズキクン」など,4つの機能を提供しています。本チュートリアルでは,

1)日本語のアクセント・イントネーションに関する基礎知識を整理した上で,
2)OJADの4機能を紹介し,演習形式で実際に体験していただきます。更には,
3)OJADを使った具体的な授業,特にスピーチ指導の方法を提案します。

簡単な紹介ビデオもございます。なお,本チュートリアルでは実際にOJADを使いますので,Laptop PC あるいは,Tablet PC を持参されることを強く勧めます。

Breve currículo

Doutor em 1995 pela Escola de Engenharia da Universidade de Tóquio. Professor associado em 2000 e professor titular em 2012 na mesma instituição. Engajamento em pesquisas relacionadas à comunicação e voz em uma ampla perspectiva que contempla a ciência e a engenharia. Possui experiência prática e conhecimento em especial no que se refere à tecnologia de voz aplicada ao ensino de língua estrangeira.

 

MINICURSO 2

11 de Agosto de 2015   9:00-10:50

Avaliação para a leitura extensiva

Palestrante: Tomoko Watanabe (Universidade de Hiroshima, Japão)

IMG_0748

近年、日本国内外において日本語の多読が注目を浴びており、多読教材や多読を扱う研究論文が増えています。多読ということばを聞いて、皆さんは何を連想するでしょうか。「とにかく、たくさんの本を読むこと」「少し難しい本に何度も挑戦すること」「語彙数を増やすために本を読むこと」「教室で自由に本を読ませ、教師が楽をしていること」? 実は、これらは全て多読とはいえません。多読(Extensive Reading、 Pleasure Reading)とは、「辞書無しでも十分に理解できる易しい本を楽しく、はやく読むこと」と定義されています。

本チュートリアルでは、

(1)これまでの日本語教育における多読研究の動向を概観し、中でも、多読のアセスメント(教育現場における多読の記録、多読研究における効果測定)に焦点をあて、その課題と展望について論じます。
(2)日本語多読アセスメントのツールを紹介します。
・教育現場における多読の記録を支援するためのクイズ自動生成システム
・多読研究における効果測定のためのマテリアル・テストアイテム開発プロセス
(3)参加者のみなさんと日本語多読アセスメントのツールを作成します。

ご参加にあたっては、下記のURLにアクセスできるノートパソコンをご持参ください。

多読クイズ作成支援ツール β版

http://assess.jp

日本語テキスト語彙・漢字分析器 J-LEX

http://www17408ui.sakura.ne.jp/index.html

学習項目解析システム

http://lias.intersc.tsukuba.ac.jp/

Breve currículo

Doutora em 2005 pela Faculdade de Educação da Universidade de Hiroshima. Foi professora assistente na Universidade de Hiroshima, atuou no Centro de Ensino de Línguas da Universidade de Okayama, e atualmente é professora associada do Departamento de Ensino de Língua Japonesa como Segunda Língua da Faculdade de Educação, da Universidade de Hiroshima. Sua área de especialização é avaliação linguística e está engajada no desenvolvimento de um sistema que auxilia a implementação de avaliação do professor de língua japonesa, bem como a investigação de formas de avaliação no campo do ensino, excetuando os exames de proficiência de grande porte tal como o JLPT (Japanese Language Proficiency Test).

 

MINICURSO 3

12 de Agosto de 2015  9:00-12:40

A avaliação dialógica (DLA) do japonês como segunda língua para crianças aprendizes estrangeiras

Dialogic Language Assessment (DLA) for Culturally Linguistically Diverse Children Learning Japanese as a Second Language (JSL).

Palestrante:  Chiho Sakurai (Universidade de Osaka, Japão/pesquisadora da Japan Society for the Promotion of Science)

Chiho Sakurai (The University of Osaka, Research Fellow for the Japan Society of the Promotion of Science)

IMG_0845

The Dialogic Language Assessment (DLA) for Culturally and Linguistically Diverse Children Learning Japanese as a Second Language is an assessment instrument that measures the Japanese language ability (based on 4 skills) of culturally and linguistically diverse children. This assessment instrument was developed as part of the 2010-2012 Ministry of Education, Culture, Sports, Science & Technology’s (MEXT) Integrated Learning Support Project for Culturally and Linguistically Diverse Children. This assessment instrument differs from written tests and group tests in that it is a one-on-one, dialogue-based assessment instrument that has been designed to allow each child to receive support based on his/her individual strengths. This instrument was not created for the purposes of ranking each child’s result, but rather, is characterised by its focus on using the process of DLA as an opportunity for learning as well as for getting information necessary for the child’s guidance and support in the future. In addition, the structure of the DLA aids the measurement of linguistic ability in the children’s native language and will be able to provide a comprehensive understanding of their competency in these two languages. At this seminar, I will give an overview of this research and present some findings from the DLA experience and its implementation process.

Breve currículo

Doutora em 2013 pela Faculdade de Língua e Cultura da Universidade de Osaka. Uma das desenvolvedoras do Dialogic Language Assessment – DLA. Atualmente, como pesquisadora da Japan Society for the Promotion of Science, junto à Universidade de Osaka, está engajada em pesquisas relacionadas ao ensino de língua para crianças com background linguístico e cultural diversos.


PAINEL DE DEBATES E MESA REDONDA

PAINEL DE DEBATES

Painel de Debates 1 – 100 anos de história do ensino de língua japonesa no Brasil

Idiomas: Português e Japonês

Mediadora – Leiko Matsubara Morales – Universidade de São Paulo

Painelistas

  • Zeila de Brito Fabri Demartini – Universidade de São Paulo
  • Hiromi Shibata – Universidade Paulista
  • Tizuko Morchida Kishimoto – Universidade de São Paulo
  • Yoshikazu Niwa– Centro Brasileiro de Língua Japonesa

 

Painel de Debates 2 –  Política linguística do Japão e contato de línguas

Idioma: Japonês

Mediador – Hiroki Okada -Universidade de Kobe

Painelistas

  • Seiichi Nakai – Universidade de Toyama
  • Hiroyuki Honda – Japan of Advanced Institute of Tecnology and Science
  • Uichi Kamiyoshi – Universidade de Línguas Estrangeiras de Nagasaki
  • Hiroki Okada -Universidade de Kobe

Painel de Debates 3 – Questões acerca da língua de herança de crianças em contexto de migração

Idioma: Japonês

Mediadora – Sachie Miyazaki – Sophia University Junior College Division

Painelistas

  • Eunice Ishikawa – Universidade de Arte e Cultura de Shizuoka
  • Kyoko Nakagawa – Projeto Kaeru
  • Sachie Miyazaki – Sophia University Junior College Division

 

MESA REDONDA

Mesa redonda 1 – Transformações de crenças e de identidade do professor de língua japonesa: história pessoal de 3 professores de língua japonesa no Brasil

 

Idioma: Japonês

Mediador – Noriaki Furuya – Universidade de Waseda

Membros

  • Yuki Mukai – Universidade de Brasília
  • Makiko Matsuda – Universidade de Kanazawa 
  • Mayumi Edna Iko Yoshikawa – Fundação Japão

 

Mesa redonda 2 – Literatura Japonesa e Tradução

Idiomas: Português e Japonês

Mediadora – Neide Hissae Nagae – Universidade de São Paulo

Membros

  • Kin’ya Sugiyama – Universidade de Kanazawa
  • Shirlei Lica Ichisato Hashimoto – Universidade de São Paulo
  • Oscar Nakasato – Universidade Tecnológica Federal do Paraná
  • Michiyo Nakata – Associação Cultural e Literária Nikkei Bungaku

 

Mesa redonda 3 –  Ensino de língua japonesa e contato de línguas

Idioma: Português

Mediadora: Laura Tey Iwakami – Universidade Estadual do Ceará

Membros

  • Yuko Takano – Universidade de Brasília
  • Terezinha de Jesus Machado Maher – Universidade Estadual de Campinas
  • Leiko Matsubara Morales – Universidade de São Paulo

PAINEL DE DEBATES – Fundação Japão

Os desafios do método Marugoto e a língua e a cultura japonesa: almejando uma nova era da educação da língua japonesa

Cristina Maki Endo – Fundação Japão/São Paulo
Kazuhiro Isomura – Fundação Japão/Urawa

Jun Arisue – Fundação Japão/México

国際交流基金制作の日本語教材『まるごと 日本のことばと文化』は、「相互理解の日本語」の理念の元、到達目標を具体的なコミュニケーション場面での課題遂行で記述したCan-doシラバスの採用、また異文化理解の重視など、従来の文型積み上げ式の教授法とは異なった新しい日本語の学び方を目指している。既に市販化されている「入門」~「初級」および今回のシンポジウムが海外初披露となる「中級」について、その考え方や制作意図をふまえつつ、実際の教育現場における実践の成果を、授業のビデオやアンケート結果等を用いながら報告する。これを通じて、ラテンアメリカにおける『まるごと』の具体的な活用のあり方を議論し、日本語教育をどう変えていく可能性があるのかを考える機会としたい。

1.「教師主導から学習者中心へ-サンパウロ一般成人向け講座における授業担当講師の気付き-」
遠藤クリスチーナ麻樹(国際交流基金サンパウロ日本文化センター)

『まるごと』は、文法規則の発見や協働学習を教材の構成に反映させ、学習者が自らの中間言語を構築していくように配慮した教材である。疑心暗鬼で使いはじめた担当講師が、学習者が主体的に学ぶ姿を通して、自らの言語学習観を見直し、教師行動を変えるにいたった実践を映像を交えて報告する。

2.「文型積み上げから課題遂行へ-メキシコ中等教育における学習者の変化-」
蟻末淳(国際交流基金メキシコ日本文化センター)

日本メキシコ学院メキシココースでは中高生を対象に『まるごと』を使ったJF共催講座を行っている。「話せる日本語」を目標に、これまでの文型積み上げ式から課題遂行型授業に変更することにより、授業、学習者、教師はどう変わったのか。成人向けの教材を使うことから生じる課題を含め、中等教育における『まるごと』の使用のこれからの展望を考えたい。

3.「教室内から実際の場面へ-自立した学習者を育てる中級教材の設計-」
磯村一弘(国際交流基金日本語国際センター)

中級(B1)レベルの目標となる「自立段階」の学習者は、日本語が実際に使用されている生の場面に自力で立ち向かうことが期待されるため、『まるごと中級』では、場面や素材のオーセンティシティーやストラテジーの使用を重視している。こうした教材は、これまで場面や目的が不明の読解が主流だった中級の日本語学習をどう変えるのか、考察する。

 

チュートリアルは事前参加申し込み制です。

参加申し込みはこちら (peatix) 


2015年6月26日更新

 基調講演


坂本 光代 Mitsuyo SAKAMOTO

日時: 8月10日(月曜日)
11.00 -12.30 pm
講演者:坂本光代(上智大学、日本)

Title: “Superdiversity within the Japanese-Brazilian community: Exploring language and cultural maintenance among Japanese new- and oldcomers in Brazil”

講演言語:英語

 5a7d96b9de7d1c8c10d19c41d04ca023

.
This study compares the ethnolinguistic vitality among Japanese new- nd oldcomers in Sao Paulo and its vicinity. Eleven hours of interviews were conducted with four participants: two bilingual Japanese-Brazilians (one second- and one third-generation), and two caregivers (one newcomer from Japan, and one second-generation Japanese-Brazilian). Interviews were conducted in Japanese, audio recorded and transcribed for analysis.Diversity within diversity is referred to as “superdiversity”, a unifying force among diverse ethnic groups as “entropy”, and a state of co-existence among them as “conviviality” (Blommaert, 2013). This study explores Japanese-Brazilians’ superdiversity by examining the extent of entropy and conviviality in light of their language learning as well as Japanese cultural maintenance.People acquire and use languages as an “investment” (Norton Pierce, 1995), but Japanese is not enthusiastically acquired and maintained in Brazilian society. Compared to more powerful languages (i.e., English, Spanish and Portuguese), Japanese is ascribed very little linguistic capital (Bourdieu, 1991). Specifically, the Japanese-Brazilian variety of Japanese (Colonial Japanese) has historically endured stigmatization, propagating hegemonic discourse among the Japanese-Brazilian community. That is, “native-speaker Japanese” is still a preferred vernacular to learn, and even in that case, it does not attract demands outside the Japanese community. Therefore, those who seek higher social mobility attain higher education and pursue professional careers (Shibata, 2009), leaving Japanese language and culture behind, to establish conviviality within the Brazilian society. However, conviviality takes a different form among Japanese-Brazilians themselves. The Japanese-Brazilian community is distinctly stratified, with newcomers deemed to possess a “superior” language variety, and second- and third-generation trailing behind. Therefore, conviviality and entropy among Japanese-Brazilians can be described as complex, fluid, and multifaceted. As this is a small case study, further research is called for to investigate the ethnolinguistic vitality among Japanese-Brazilians as well as Brazilians of other ethnic groups.

佐藤 慎司  Shinji SATO

日時: 8月11日(火曜日)
8月12日(水曜日)
講演者:佐藤慎司(プリンストン大学、アメリカ)

題目:社会・コミュニティ参加をめざすことばの教育と学習者のアイデンティティ

講演言語:日本語

  bdqswjs1okaux9li3nspoche9kd9ncr

 

【要旨】
本講演では、学習者のアイデンティティと「社会・コミュニティ参加をめざすことばの教育」の関係について考察する。まず、学習者のアイデンティティが、本人の意志だけではなく、いかに複雑な要因によって決定されているかを「日本語継承語話者」と移動の多い学生の事例をもとに見ていく。その後、現実のコミュニケーションの際、重要な要素となる、話されている場、自分と相手の相互関係、そして、コミュニケーションの目的をことばの教育に取り込むことの重要性を指摘する。そして、実際にことばを用いてかかわるという視点、とくに言語教育におけるコミュニティ参加の大切さについて強調し、その視点を取り込んだ「社会・コミュニティ参加をめざすことばの教育(佐藤・熊谷2011)」を紹介する。最後に「社会・コミュニティ参加をめざすことばの教育」を実現していくにはどうしたらよいか、講演者の行った実践例なども報告し、会場のみなさんと考えていきたい。
【講師略歴】
1992年東北大学経済学部卒業、マサチューセッツ州立大学アマースト校修了、修士(東アジア研究)、2008年コロンビア大学ティーチャーズカレッジ修了、博士(教育人類学)。
ハーバード大学講師、ミドルベリーサマースクール講師、コロンビア大学講師を経て、2011年よりプリンストン大学日本語プログラムディレクター、主任講師。現在、言語文化教育研究学会理事、『リテラシーズ』編集委員。研究テーマはことばの教育における自明概念の問い直しとその問題点を乗り越える実践の模索など。【主要業績】
『ことば、文化、教育』(共編)2008年、明石書店
『社会参加をめざす日本語教育』(共編)2011年、ひつじ書房
『異文化コミュニケーションを問う』(共編)2013年、ココ出版

 

小林 ミナ Mina KOBAYASHI

日時: 8月12日(水曜日)
8月11日(火曜日)
講演者:小林ミナ(早稲田大学、日本)

 題目:日本語は誰のものか

講演言語:日本語

 kobayashi

【要旨】
日本語教育が育成すべきなのはどのような日本語能力か。教師や教室はそのためにど のような役割を担えるか。本講演では、この問いについて言語とコミュニケーションの観 点から考える。
「日本人みたいに話せるようになりたい」「日本人のように日本語が上手だ」といっ た発言を聞くことがある。もちろんこのような発言は,「日本語が上手になりたい」とい う思いや相手の日本語力を誉める気持ちから来ているのだろう。しかしながら、そこから は「日本人みたいな話し方」といったものが存在するという誤解が窺える。そこには日本 語の特徴が影響している可能性がある。この誤解を乗り越え次に進むためには、「社会と は何か」「そこに言語の使い手としての「私」がどう位置づけられるのか」を考える必要 がある。
それらの議論を踏まえて、日本語教育が育成するべき日本語能力、日本語教師に求め られる文法教育力について述べるとともに、教育実践の事例を紹介したい。
【講師略歴】
1985年青山学院大学文学部日本文学科(国語学専攻)卒業後,ボランティア日本語教室,日本語学校等で日本語を教えたのち,1990年名古屋大学大学院文学研究科修士課程日本言語文化専攻修了,1993年同博士後期課程満期退学。修士(学術),博士(文学)。名古屋大学言語文化部助手,北海道大学留学生センター助教授を経て,2006年より早稲田大学大学院日本語教育研究科教授。日本語教育学会において大会委員,学会誌副委員長,評議員,2012名古屋国際大会実行委員長,副会長などを歴任。研究テーマは教育文法研究、コーパスを使った文法研究,文法教育,コース・デザインなど。

【主要業績】
『日本語教育能力検定試験に合格するための教授法 37(日本語教育能力検定試験に合格するためのシリーズ)』(単著)2010
年,アルク
『日本語教育の過去・現在・未来――第3巻 教室』(共編)2009年,凡人社
『日本語教育の過去・現在・未来――第5巻 文法』(共編)2009年,凡人社
『外国語として出会う日本語(もっと知りたい!日本語[第II期])』(単著)2007年,岩波書店.

 招待講演


峯松 信明   Nobuaki MINEMATSU

日時: 8月10日(月曜日)
16:00-17:30
講演者:峯松信明(東京大学、日本)

Title: “Perceptual and structural analysis of pronunciation diversity of World Englishes”

講演言語:英語

 gzy

Nobuaki Minematsu obtained the Doctor of Engineering degree from Graduate School of Engineering, the University of Tokyo in 1995 and is currently a full professor there. He has a very wide interest in speech communication covering from science to engineering. He has published more than 400 scientific and technical papers including conference papers. They are related to speech analysis, speech perception, speech recognition, speech synthesis, speech applications especially related to CALL, etc. He received paper awards from RISP, JSAI, ICIST, and O-COCOSDA in 2005, 2007, 2011, and 2014 and received an encouragement award from PSJ in 2014. Recently, he gave tutorial seminars on CALL at APSIPA2011 and INTERSPEECH2012 and more than fifty OJAD tutorial workshops all over the world. He also gave invited talks or keynote talks at ICIST2014, PAAL2014, and O-COCOSDA2014. From 2015, he is a distinguished lecturer of APSIPA. He is a member of IEEE, ISCA, IPA, SLaTE, APSIPA, IEICE, ASJ, etc.

CALL = Computer Aided Language Learning
RISP = Research Institute of Signal Processing
JSAI = Japan Society of Artificial Intelligence
ICIST = International Conference on Information Science and Technology
O-COCOSDA = Oriental COCOSDA
COCOSDA = International Committee for the Co-ordination and Standardization of Speech Databases and Assessment Techniques
PSJ = Phonetic Society of Japan
APSIPA = Asia-Pacific Signal and Information Processing Association
PAAL = Pan-pacific Association of Applied Linguistics
IEEE = The Institute of Electrical and Electronics Engineers
ISCA = International Speech Communication Association
SLaTE = ISCA Special Interest Group on Speech and Language Technology for Education
IPA = International Phonetic Association
IEICE = Institute of Electronics, Information and Communication Engineers
ASJ = Acoustic Society of Japan
OJAD = Online Japanese Accent Dictionary

Abstract

English is the only language available for global communication but its form is altered easily and variously depending on the language background of speakers. If we take two users of English, their pronunciation will show different characteristics, called accents. Today, we often hear the term of World Englishes (WE), where it is claimed that there is no standard pronunciation of English. English is a very useful tool but it is true that, in international context, accents often cause miscommunications. In this talk, the lecturer will show recent results obtained in two on-going projects related to the diversity of pronunciation of WE.

In the first project, his research team objectively measured the intelligibility of Japanese accented English (JE) spoken to American listeners with almost no prior exposure to JE. 100 male and 100 female university students repeated reading given sentences until they thought they could read adequately. Their “adequate” readings were recorded and presented on a telephone line to American listeners who had seen Japanese only on television. The task was just to repeat what they heard and their responses were transcribed word by word. In this experiment, as reference, native utterances were also used and in total, 800 utterances of JE and 100 utterances of American English (AE) were presented to 173 American listeners. On average, one utterance was heard by 21 listeners. Word-based correct perception rates were 89.2% for AE but only 50.0% for JE. It should be noted that all the utterances used were “adequate” for the Japanese speakers. Using these data, we’re developing a technique that takes an English manuscript as input and displays which parts of the manuscript will be unintelligible to American listeners if it is read with a Japanese accent.

Do Japanese have to learn the American accent more or do Americans have to adapt themselves to the Japanese accent more? The lecturer considers that one should be more aware of how diverse WE pronunciation is and where his/her pronunciation is located in the diversity. Currently, we can find a good online resource of WE such as TED talk archive. In the second project, the lecturer’s team is developing a technology that can cluster WE pronunciations by the unit of individual, with which, a global but individual-basis pronunciation map of WE and an accent-based browser of TED talks will be possible. In the experiment, by using the Speech Accent Archive (SAA), the accent gap between any two SAA speakers was defined quantitatively by using their IPA transcripts. After that, the accent gaps were predicted automatically only by using speech signals of those speakers. Results showed that the correlation between IPA-based gaps and predicted gaps is 0.77, which is comparable to the correlation between IPA-based gaps and phoneme-based gaps. In the lecture, some future directions are also indicated.

【講師略歴】
1995東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。博士(工学)。2000同研究科准教授。2012同研究科教授。科学から工学に至るまで,幅広い観点から音声コミュニケーションに関する研究に従事。特に音声技術の外国語教育応用に関して幅広い知識と実践経験を持つ。
【主要業績】
“オンライン日本語アクセント辞書 OJAD の開発と利用”,国語研プロジェクトレビュー,vol.4,no.3,pp.174-182 (2014-2)
“人間に近づく音声認識”,日経サイエンス6月号,pp.94-99,日経サイエンス社 (2009-6)
“[あ]を聞いて/あ/と同定する能力は音声言語運用に必要か? ~音声認識研究からの一つの提言~”,日本語学4月号,p.187-197,明治書院 (2008-4)

定延 利之 Toshiyuki SADANOBU

日時: 8月13日(木曜日)

題目:日本語発話におけるフレーズ

講演言語:日本語

 

写真

【要旨】
日本語の先生は,日本語の「文」(主部+述部)を教えます。だから,学生さんたちは,「文」単位でしゃべろうとします。しかし,実際の日本人は,「文」ではなく,「文節」と呼ばれるフレーズを単位としてしゃべっていることがとても多いのです。
この講演ではまず,文節単位のしゃべり方を可能にするいくつかの規則(いわば「文節の文法」)を,皆さんにご紹介したいと思います。続いて,そのしゃべり方をどのように教えればいいのか,具体的な方法論を皆さんと一緒に検討したいと思います。学生さんたちが自然な日本語をしゃべれるよう,日ごろ力を尽くされている先生方のお役に少しでも立てれば幸いです。

【講師略歴】
1962年生。神戸大学大学院国際文化学研究科教授。1991年神戸大学教養部講師着任。国際文化学部講師、助教授、教授を経て、2007年より現職。京都大学大学院文学研究科言語学専攻修了。博士(文学)。専門は日本語を主軸とする言語学・コミュニケーション論。無視されがちな「周辺的」な諸現象の考察を通じて,言語・コミュニケーション研究の前提に再検討を加えている。

【主要著書】『日本語社会 のぞきキャラくり』(2011年,三省堂),『煩悩の文法』(2008年, 筑摩書房),『日本語不思議図鑑』(2006年,大修館書店),『ささやく恋人,りきむレポーター』(2005年,岩波書店),『認知言語論』(2000年,大修館書店),『よくわかる言語学』(1999年.アルク)。【最近の主要論文】“The competitive relationship between Japanese accent and intonation”(Japanese Speech Communication 1,2012年),「身体としてのことば」(『通訳翻訳研究』11,日本通訳翻訳学会,2011年),“Evidential extension of aspecto-temporal forms in Japanese from a typological perspective”(Cahier Chronos 23,2011年,Andrej Malchukov氏と共著),「コミュニケーション研究からみた日本語の記述文法の未来」(『日本語文法』11,日本語文法学会,2011年),「会話においてフィラーを発するということ」(『音声研究』14, 日本音声学会,2010年),「話し手は言語で感情・評価・態度を表して目的を達するか?」(『自然言語処理』14,言語処理学会,2007年)。

チュートリアル1

[第一部]日本語話し方トレーニング

2015年8月9日 13:00-14:30

講師:中川 千恵子 (早稲田大学非常勤講師)

nakagawa

聞き手にとって聞きやすく分かりやすく、話し手にとって言いやすい話し方についてトレーニング方法を考えたいと思います。話すときは、発音だけでなく、声や態度が大事なポイントとなります。

まず、発音学習では、学習者も教師も続けることが重要です。これは、発音学習だけでなく全ての学びに共通することではないでしょうか。学習者自身が自分の発音に気付くこと、そして意識し続けることが大切です。「できること」を続けること、学習者自身が自律的に学習を進められるようにすることがポイントです。また、教師が難しいと感じていては、なかなか発音指導に取り組むことができません。そこで、学習者にとっても「できること(学習可能)」教師にとっても「できること(指導可能)」である必要があります。また「運用できること」が肝心です。こうした点を考慮した、入門・初級レベルからできる学習・指導方法の1つを紹介します。この学習・指導法では、意味的な句切りと日本語の特徴である「へ」の字型イントネーションに焦点を置きます。具体的な指導例と、オンライン日本語アクセント辞書(OJAD)内の活用例を挙げて紹介し、実際に練習します。また、参加者のみなさんの学習者に合った指導・学習方法を、いっしょに考えたいと思います。

[講師略歴]

2001年お茶の水女子大学博士課程修了、人文科学博士早稲田大学、学習院大学、大東文化大学で非常勤講師として、日本語、日本語音声学、大学院実習科目等を担当.日本語学習者にとっては「学習可能」であり、教師にとっては「指導可能」であり、かつ、日常的に「運用可能」なイントネーション学習法を考え、指導実践と研修活動を行っている。

Part-time Lecturer Waseda University, Gakushuin University, Daito Bunka University, Japanese language, Japanese phonetics & phononogy, graduate program

[第二部] 日本語オンラインアクセント辞典 OJAD

2015年8月9日 14:45-18:00

講師:峯松 信明(東京大学大学院 教授)

gzy

「日本語らしく自然に聞こえる発音を身に付けたい」と考える学習者は多いですが,音声・韻律教育が十分に行われてきたとは言えない状況にあります。教師からは「イントネーションの効果的な指導方法がわからない」「アクセントは文脈で変わるし,共通語アクセントを教える自信がない」という声を聞きます。このような現状を鑑み,アクセント・イントネーション教育を支援する web インフラである,オンラインアクセント辞書(OJAD)を開発しました。

活用後の用言や名詞のアクセントが簡単に調べられる「単語検索」や,タイプした任意の文に対してアクセント,イントネーションを可視化し,その通りに読み上げてくれる「スズキクン」など,4つの機能を提供しています。本チュートリアルでは,

1)日本語のアクセント・イントネーションに関する基礎知識を整理した上で,
2)OJADの4機能を紹介し,演習形式で実際に体験していただきます。更には,
3)OJADを使った具体的な授業,特にスピーチ指導の方法を提案します。

簡単な紹介ビデオもございます。なお,本チュートリアルでは実際にOJADを使いますので,Laptop PC あるいは,Tablet PC を持参されることを強く勧めます。

チュートリアル配布資料
http://www.gavo.t.u-tokyo.ac.jp/~mine/OJAD/lecture/SAO_PAULO/OJAD_SaoPaulo.pdf

おまけ
#北京講習会の配布資料の一部。上記とは重なっていません。おまけです。
http://www.gavo.t.u-tokyo.ac.jp/~mine/OJAD/lecture/SAO_PAULO/OJAD_Beijing.pdf

[講師略歴]

1995東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。博士(工学)。2000同研究科准教授。2012同研究科教授。科学から工学に至るまで,幅広い観点から音声コミュニケーションに関する研究に従事。特に音声技術の外国語教育応用に関して幅広い知識と実践経験を持つ。


チュートリアル2

日本語多読のアセスメント

2015年8月11日 9:00-10:50

講師:渡部 倫子(広島大学大学院 准教授)

IMG_0748

近年、日本国内外において日本語の多読が注目を浴びており、多読教材や多読を扱う研究論文が増えています。多読ということばを聞いて、皆さんは何を連想するでしょうか。「とにかく、たくさんの本を読むこと」「少し難しい本に何度も挑戦すること」「語彙数を増やすために本を読むこと」「教室で自由に本を読ませ、教師が楽をしていること」? 実は、これらは全て多読とはいえません。多読(Extensive Reading、 Pleasure Reading)とは、「辞書無しでも十分に理解できる易しい本を楽しく、はやく読むこと」と定義されています。

本チュートリアルでは、

(1)これまでの日本語教育における多読研究の動向を概観し、中でも、多読のアセスメント(教育現場における多読の記録、多読研究における効果測定)に焦点をあてその課題と展望について論じます。
(2)日本語多読アセスメントのツールを紹介します。
・教育現場における多読の記録を支援するためのクイズ自動生成システム
・多読研究における効果測定のためのマテリアル・テストアイテム開発プロセス
(3)参加者のみなさんと日本語多読アセスメントのツールを作成します。

ご参加にあたっては、下記のURLにアクセスできるノートパソコンをご持参ください。

多読クイズ作成支援ツール β版
http://assess.jp

日本語テキスト語彙・漢字分析器 J-LEX
http://www17408ui.sakura.ne.jp/index.html

学習項目解析システム
http://lias.intersc.tsukuba.ac.jp/

チュートリアル資料ダウンロード
資料1
https://dl.dropboxusercontent.com/u/10969870/watanabe_EJIHB2015_1.docx

資料2(多読アセスメントツール作成用資料)
https://dl.dropboxusercontent.com/u/10969870/watanabe5.pdf

[講師略歴]

2005年広島大学大学院教育学研究科博士後期課程修了。博士(教育学)。同大学助手、岡山大学言語教育センターを経て現在、広島大学大学院教育学研究科日本語教育学講座准教授。専門分野は言語評価。JLPTのような大規模日本語テストではなく、教育現場での評価法の検討、日本語教師の評価実施を支援するシステムの開発に取り組んでいる。


チュートリアル3

8月12日 9:00-12:40

外国人児童生徒 のためのJSL対話型アセスメントDLA

講師:櫻井 千穂(大阪大学・日本学術振興会特別研究員)

IMG_0845

「外国人児童生徒 のためのJSL対話型アセスメントDLA」は、文化的言語的に多様な子どもの日本語力(4技能)を、対話によって測る評価法です。文部科学省により「外国人児童生徒の総合的な学習支援事業」(2010〜2012年度)の一環として開発されました。紙筆テストや集団テストと異なり、一対一の対話を通し、支援を得ながら、子どもが個々の力に応じた課題に取り組めるように設計されています。評価結果を序列化するためのものではなく、むしろ、DLAの実施過程そのものを学びの機会として捉えると同時に、その後の指導・支援に必要な情報を得られるところに特徴があります。また、母語力もDLAの構造を援用し、測定することで、子どもの二言語能力を包括的に捉えることも可能となります。本セミナーでは、このDLAの概要をご紹介したうえで、実際に一部を体験していただき、DLAの可能性や課題について、みなさんと一緒に考えたいと思います。

【講師略歴】
2013年大阪大学大学院言語文化研究科博士後期課程修了。博士(言語文化学)。DLAの開発者の一人。現在は、日本学術振興会特別研究員として大阪大学で文化的言語的に多様な子どもの言語教育に関する研究に従事。


大会企画パネル・ラウンドテーブル

パネル 1 (ポルトガル語)–ブラジル社会における日本語教育100年の歴史 –

司会 – Leiko Matsubara Morales – Universidade de São Paulo

  • Zeila de Brito Fabri Demartini – Universidade de São Paulo
  • Hiromi Shibata – Universidade Paulista
  • Tizuko Morchida Kishimoto – Universidade de São Paulo
  • Yoshikazu Niwa– Centro Brasileiro de Língua Japonesa

パネル2(日本語) – 日本の言語政策と言語接触

司会 – 岡田 浩樹  神戸大学

  • 中井精一– 富山大学
  • 本田弘之– 北陸先端科学技術大学院大学
  • 神吉宇一 – 長崎外国語大学
  • 岡田 浩樹  神戸大学

パネル 3 (日本語) 移動する子どもたちの継承語問題

司会 -宮崎 幸江 上智大学短期大学部

  • Eunice Ishikawa – Universidade de Arte e Cultura de Shizuoka
  • Kyoko Nakagawa – Projeto Kaeru
  • 宮崎 幸江  上智大学短期大学部

ラウンドテーブル1(日本語)
– 日本語教師のアイデンティティとビリーフ変容:3人のブラジルにつながる日本語教師のライフストーリー

司会– 古屋憲章(早稲田大学)

日本語教師の成長は,教師を取り巻く他者や事物が相互に影響を与えながら共に変容していくという社会的な関係性の中で捉えられ、また、教師のアイデンティティとも深く関係していると言われている(飯野令子2012)。
本ラウンドテーブルでは参加者のブラジルにおける日本語教育の現状理解と教師成長を一つのゴールとして、教師のアイデンティティとビリーフ変容に焦点を当てる。
日本語教師としてブラジルに関わる3人の異なる属性の話題提供者が、なぜ日本語教育に携わろうと思ったか、日本語教師となった後、どのような社会的な関係性の中でどのようなビリーフやアイデンティティが形成されたか、そしてどのように変容してきたかについて自身のライフストーリーの語りの中で話題提供を行う。その内容をもとにフロアディスカッションを行う。

[話題提供者1]
吉川・一甲真由美エジナ(国際交流基金サンパウロ日本文化センター)
「継承語教育と言われてきたブラジルの日本語教育を体験し、現在、公教育機関での日本語教育を観察する私」
[話題提供者2]
向井裕樹(ブラジリア大学)
「日本で外国語としてポルトガル語を学び、ブラジルで日本語を教える一世の私」
[話題提供者3]
松田真希子(金沢大学)
「日本で外国語としての日本語教育を学び、日本で日系ブラジル人支援に関わった日本人の私」


ラウンドテーブル2(日本語) –日本文学と翻訳

司会 – Neide Hissae Nagae – Universidade de São Paulo

  • 杉山欣也 – 金沢大学
  • Shirlei Lica Ichisato Hashimoto -サンパウロ大学
  • Oscar Nakasato – パラナ連邦工科大学
  • Michiyo Nakata – Literatura Nikkey

ラウンドテーブル3(ポルトガル語) – 日本語教育と言語接触

  • Mediadora – Laura Tey Iwakami (Universidade Estadual do Ceará)
  • Yuko Takano – Universidade de Brasilia
  • Tereza Maher – Universidade de Estadual de Campinas
  • Leiko Matsubara Morales – Universidade de São Paulo

国際交流基金特別企画パネル
『まるごと日本のことばと文化』の挑戦:日本語教育の新しい時代を目指して

遠藤クリスチーナ麻樹(国際交流基金サンパウロ日本文化センター)
磯村 一弘(国際交流基金日本語国際センター)
蟻末 淳(国際交流基金メキシコ日本文化センター)

国際交流基金制作の日本語教材『まるごと 日本のことばと文化』は、「相互理解の日本語」の理念の元、到達目標を具体的なコミュニケーション場面での課題遂行で記述したCan-doシラバスの採用、また異文化理解の重視など、従来の文型積み上げ式の教授法とは異なった新しい日本語の学び方を目指している。既に市販化されている「入門」~「初級」および今回のシンポジウムが海外初披露となる「中級」について、その考え方や制作意図をふまえつつ、実際の教育現場における実践の成果を、授業のビデオやアンケート結果等を用いながら報告する。これを通じて、ラテンアメリカにおける『まるごと』の具体的な活用のあり方を議論し、日本語教育をどう変えていく可能性があるのかを考える機会としたい。

1.「教師主導から学習者中心へ-サンパウロ一般成人向け講座における授業担当講師の気付き-」
遠藤クリスチーナ麻樹(国際交流基金サンパウロ日本文化センター)

『まるごと』は、文法規則の発見や協働学習を教材の構成に反映させ、学習者が自らの中間言語を構築していくように配慮した教材である。疑心暗鬼で使いはじめた担当講師が、学習者が主体的に学ぶ姿を通して、自らの言語学習観を見直し、教師行動を変えるにいたった実践を映像を交えて報告する。

2.「文型積み上げから課題遂行へ-メキシコ中等教育における学習者の変化-」
蟻末淳(国際交流基金メキシコ日本文化センター)

日本メキシコ学院メキシココースでは中高生を対象に『まるごと』を使ったJF共催講座を行っている。「話せる日本語」を目標に、これまでの文型積み上げ式から課題遂行型授業に変更することにより、授業、学習者、教師はどう変わったのか。成人向けの教材を使うことから生じる課題を含め、中等教育における『まるごと』の使用のこれからの展望を考えたい。

3.「教室内から実際の場面へ-自立した学習者を育てる中級教材の設計-」
磯村一弘(国際交流基金日本語国際センター)

中級(B1)レベルの目標となる「自立段階」の学習者は、日本語が実際に使用されている生の場面に自力で立ち向かうことが期待されるため、『まるごと中級』では、場面や素材のオーセンティシティーやストラテジーの使用を重視している。こうした教材は、これまで場面や目的が不明の読解が主流だった中級の日本語学習をどう変えるのか、考察する。

 


Plenary Speakers


As of June 25th

Mitsuyo SAKAMOTO

5a7d96b9de7d1c8c10d19c41d04ca023

Date: Monday, August 10th
Speaker: Professor Mitsuyo SAKAMOTO, Sophia University, Japan

Title: Superdiversity within the Japanese-Brazilian community: Exploring language and cultural maintenance among Japanese new- and oldcomers in Brazil [EN]

 


Shinji SATO

bdqswjs1okaux9li3nspoche9kd9ncr

Date: Tuesday, August 11th

Wednesday, August 12th
Speaker: Professor Shinji Sato, Princeton University

 Title: Learner’s Identity and “Language Education for the Global Citizen” [JP]

学習者のアイデンティティと「社会・コミュニティ参加をめざすことばの教育」

本講演では、学習者のアイデンティティと「社会・コミュニティ参加をめざすことばの教育」の関係について考察する。まず、学習者のアイデンティティが、本人の意志だけではなく、いかに複雑な要因によって決定されているかを「日本語継承語話者」と移動の多い学生の事例をもとに見ていく。その後、現実のコミュニケーションの際、重要な要素となる、話されている場、自分と相手の相互関係、そして、コミュニケーションの目的をことばの教育に取り込むことの重要性を指摘する。そして、実際にことばを用いてかかわるという視点、とくに言語教育におけるコミュニティ参加の大切さについて強調し、その視点を取り込んだ「社会・コミュニティ参加をめざすことばの教育(佐藤・熊谷2011)」を紹介する。最後に「社会・コミュニティ参加をめざすことばの教育」を実現していくにはどうしたらよいか、講演者の行った実践例なども報告し、会場のみなさんと考えていきたい。

プロフィール:
1992年東北大学経済学部卒業、マサチューセッツ州立大学アマースト校修了、修士(東アジア研究)、2008年コロンビア大学ティーチャーズカレッジ修了、博士(教育人類学)。

ハーバード大学講師、ミドルベリーサマースクール講師、コロンビア大学講師を経て、2011年よりプリンストン大学日本語プログラムディレクター、主任講師。現在、言語文化教育研究学会理事、『リテラシーズ』編集委員。研究テーマはことばの教育における自明概念の問い直しとその問題点を乗り越える実践の模索など。
主要業績:
1.『ことば、文化、教育』(共編)2008年、明石書店
2.『社会参加をめざす日本語教育』(共編)2011年、ひつじ書房
3.『異文化コミュニケーションを問う』(共編)2013年、ココ出版

 


 

Mina KOBAYASHI

kobayashi

 

 

 

 

 

 

Date: Wednesday, August 12th

Tuesday, August 11th
Speaker: Professor Mina Kobayashi, Waseda University, Japan

Title: Who owns Japanese language?[JP]

日本語は誰のものか? −日本語教育が育成すべき日本語能力と教師の役割を考える−

日本語教育が育成すべきなのはどのような日本語能力か。教師や教室はそのためにど のような役割を担えるか。本講演では、この問いについて言語とコミュニケーションの観 点から考える。「日本人みたいに話せるようになりたい」「日本人のように日本語が上手だ」といっ た発言を聞くことがある。もちろんこのような発言は,「日本語が上手になりたい」とい う思いや相手の日本語力を誉める気持ちから来ているのだろう。しかしながら、そこから は「日本人みたいな話し方」といったものが存在するという誤解が窺える。そこには日本 語の特徴が影響している可能性がある。この誤解を乗り越え次に進むためには、「社会と は何か」「そこに言語の使い手としての「私」がどう位置づけられるのか」を考える必要 がある。それらの議論を踏まえて、日本語教育が育成するべき日本語能力、日本語教師に求め られる文法教育力について述べるとともに、教育実践の事例を紹介したい。

プロフィール:
1985年青山学院大学文学部日本文学科(国語学専攻)卒業後,ボランティア日本語教室,日本語学校等で日本語を教えたのち,1990年名古屋大学大学院文学研究科修士課程日本言語文化専攻修了,1993年同博士後期課程満期退学。修士(学術),博士(文学)。名古屋大学言語文化部助手,北海道大学留学生センター助教授を経て,2006年より早稲田大学大学院日本語教育研究科教授。日本語教育学会において大会委員,学会誌副委員長,評議員,2012名古屋国際大会実行委員長,副会長などを歴任。研究テーマは教育文法研究、コーパスを使った文法研究,文法教育,コース・デザインなど。

主要業績:
1.『日本語教育能力検定試験に合格するための教授法 37(日本語教育能力検定試験に合格するためのシリーズ)』(単著)2010年,アルク
2.『日本語教育の過去・現在・未来――第3巻 教室』(共編)2009年,凡人社
3.『日本語教育の過去・現在・未来――第5巻 文法』(共編)2009年,凡人社
4.『外国語として出会う日本語(もっと知りたい!日本語[第II期])』(単著)2007年,岩波書店.

Invited Speakers


Nobuaki MINEMATSU

gzy

Date: Monday, August 10th
Speaker: Professor Nobuaki MINEMATSU, University of Tokyo, Japan

Title: Perceptual and structural analysis of pronunciation diversity of World Englishes[EN]

English is the only language available for global communication but its form is altered easily and variously depending on the language background of speakers. If we take two users of English, their pronunciation will show different characteristics, called accents. Today, we often hear the term of World Englishes (WE), where it is claimed that there is no standard pronunciation of English. English is a very useful tool but it is true that, in international context, accents often cause miscommunications. In this talk, the lecturer will show recent results obtained in two on-going projects related to the diversity of pronunciation of WE.

In the first project, his research team objectively measured the intelligibility of Japanese accented English (JE) spoken to American listeners with almost no prior exposure to JE. 100 male and 100 female university students repeated reading given sentences until they thought they could read adequately. Their “adequate” readings were recorded and presented on a telephone line to American listeners who had seen Japanese only on television. The task was just to repeat what they heard and their responses were transcribed word by word. In this experiment, as reference, native utterances were also used and in total, 800 utterances of JE and 100 utterances of American English (AE) were presented to 173 American listeners. On average, one utterance was heard by 21 listeners. Word-based correct perception rates were 89.2% for AE but only 50.0% for JE. It should be noted that all the utterances used were “adequate” for the Japanese speakers. Using these data, we’re developing a technique that takes an English manuscript as input and displays which parts of the manuscript will be unintelligible to American listeners if it is read with a Japanese accent.

Do Japanese have to learn the American accent more or do Americans have to adapt themselves to the Japanese accent more? The lecturer considers that one should be more aware of how diverse WE pronunciation is and where his/her pronunciation is located in the diversity. Currently, we can find a good online resource of WE such as TED talk archive. In the second project, the lecturer’s team is developing a technology that can cluster WE pronunciations by the unit of individual, with which, a global but individual-basis pronunciation map of WE and an accent-based browser of TED talks will be possible. In the experiment, by using the Speech Accent Archive (SAA), the accent gap between any two SAA speakers was defined quantitatively by using their IPA transcripts. After that, the accent gaps were predicted automatically only by using speech signals of those speakers. Results showed that the correlation between IPA-based gaps and predicted gaps is 0.77, which is comparable to the correlation between IPA-based gaps and phoneme-based gaps. In the lecture, some future directions are also indicated.

Nobuaki Minematsu obtained the Doctor of Engineering degree from Graduate School of Engineering, the University of Tokyo in 1995 and is currently a full professor there. He has a very wide interest in speech communication covering from science to engineering. He has published more than 400 scientific and technical papers including conference papers. They are related to speech analysis, speech perception, speech recognition, speech synthesis, speech applications especially related to CALL, etc. He received paper awards from RISP, JSAI, ICIST, and O-COCOSDA in 2005, 2007, 2011, and 2014 and received an encouragement award from PSJ in 2014. Recently, he gave tutorial seminars on CALL at APSIPA2011 and INTERSPEECH2012 and more than fifty OJAD tutorial workshops all over the world. He also gave invited talks or keynote talks at ICIST2014, PAAL2014, and O-COCOSDA2014. From 2015, he is a distinguished lecturer of APSIPA. He is a member of IEEE, ISCA, IPA, SLaTE, APSIPA, IEICE, ASJ, etc.

Toshiyuki SADANOBU

写真

Date: Thursday, August 13th
Speaker: Professor Toshiyuki Sadanobu, Kobe University, Japan

Title: Japanese phrases in speech

日本語発話におけるフレーズ

日本語の先生は,日本語の「文」(主部+述部)を教えます。だから,学生さんたちは,「文」単位でしゃべろうとします。しかし,実際の日本人は,「文」ではなく,「文節」と呼ばれるフレーズを単位としてしゃべっていることがとても多いのです。この講演ではまず,文節単位のしゃべり方を可能にするいくつかの規則(いわば「文節の文法」)を,皆さんにご紹介したいと思います。続いて,そのしゃべり方をどのように教えればいいのか,具体的な方法論を皆さんと一緒に検討したいと思います。学生さんたちが自然な日本語をしゃべれるよう,日ごろ力を尽くされている先生方のお役に少しでも立てれば幸いです。

プロフィール:
1962年生。神戸大学大学院国際文化学研究科教授。1991年神戸大学教養部講師着任。国際文化学部講師、助教授、教授を経て、2007年より現職。京都大学大学院文学研究科言語学専攻修了。博士(文学)。専門は日本語を主軸とする言語学・コミュニケーション論。無視されがちな「周辺的」な諸現象の考察を通じて,言語・コミュニケーション研究の前提に再検討を加えている。

【主要著書】『日本語社会 のぞきキャラくり』(2011年,三省堂),『煩悩の文法』(2008年, 筑摩書房),『日本語不思議図鑑』(2006年,大修館書店),『ささやく恋人,りきむレポーター』(2005年,岩波書店),『認知言語論』(2000年,大修館書店),『よくわかる言語学』(1999年.アルク)。【最近の主要論文】“The competitive relationship between Japanese accent and intonation”(Japanese Speech Communication 1,2012年),「身体としてのことば」(『通訳翻訳研究』11,日本通訳翻訳学会,2011年),“Evidential extension of aspecto-temporal forms in Japanese from a typological perspective”(Cahier Chronos 23,2011年,Andrej Malchukov氏と共著),「コミュニケーション研究からみた日本語の記述文法の未来」(『日本語文法』11,日本語文法学会,2011年),「会話においてフィラーを発するということ」(『音声研究』14, 日本音声学会,2010年),「話し手は言語で感情・評価・態度を表して目的を達するか?」(『自然言語処理』14,言語処理学会,2007年)。

You can enroll for the tutorials here

Tutorial 1

[1st session] – August 9, 2015  13:00-14:30

Training for speaking Japanese

Lecturer: Chieko Nakagawa ( Waseda univerisity, Japão)

nakagawa

聞き手にとって聞きやすく分かりやすく、話し手にとって言いやすい話し方についてトレーニング方法を考えたいと思います。話すときは、発音だけでなく、声や態度が大事なポイントとなります。 ま ず、発音学習では、学習者も教師も続けることが重要です。これは、発音学習だけでなく全ての学びに共通することではないでしょうか。学習者自身が自分の発 音に気付くこと、そして意識し続けることが大切です。「できること」を続けること、学習者自身が自律的に学習を進められるようにすることがポイントです。 また、教師が難しいと感じていては、なかなか発音指導に取り組むことができません。そこで、学習者にとっても「できること(学習可能)」教師にとっても 「できること(指導可能)」である必要があります。また「運用できること」が肝心です。こうした点を考慮した、入門・初級レベルからできる学習・指導方法 の1つを紹介します。この学習・指導法では、意味的な句切りと日本語の特徴である「へ」の字型イントネーションに焦点を置きます。具体的な指導例と、オン ライン日本語アクセント辞書(OJAD)内の活用例を挙げて紹介し、実際に練習します。また、参加者のみなさんの学習者に合った指導・学習方法を、いっ しょに考えたいと思います。

Breve currículo Doutora em 2011 pela Universidade Ochanomizu, docente em tempo parcial na Faculdade de Humanidades da Universidade de Waseda, na Universidade Gakushuin e na Universidade Daitoubunka, lecionando disciplinas como Língua Japonesa, Fonética da Língua Japonesa e  Treinamento Prático. Realiza atividades de orientação e treinamento sobre as formas de aprendizagem de entonação, considerando as possibilidades do aprendiz, do professor e de sua aplicabilidade no cotidiano.

[2nd session] – August 9, 2015   14:45-18:00

OJAD  Online Japanese Accent Dictionary

Palestrante: Nobuaki Minematsu (University of Tokyo, Japan)

gzy

「日 本語らしく自然に聞こえる発音を身に付けたい」と考える学習者は多いですが,音声・韻律教育が十分に行われてきたとは言えない状況にあります。教師からは 「イントネーションの効果的な指導方法がわからない」「アクセントは文脈で変わるし,共通語アクセントを教える自信がない」という声を聞きます。このよう な現状を鑑み,アクセント・イントネーション教育を支援する web インフラである,オンラインアクセント辞書(OJAD)を開発しました。 活用後の用言や名詞のアクセントが簡単に調べられる「単語検索」や,タイプした任意の文に対してアクセント,イントネーションを可視化し,その通りに読み上げてくれる「スズキクン」など,4つの機能を提供しています。本チュートリアルでは, 1)日本語のアクセント・イントネーションに関する基礎知識を整理した上で, 2)OJADの4機能を紹介し,演習形式で実際に体験していただきます。更には, 3)OJADを使った具体的な授業,特にスピーチ指導の方法を提案します。 簡単な紹介ビデオもございます。なお,本チュートリアルでは実際にOJADを使いますので,Laptop PC あるいは,Tablet PC を持参されることを強く勧めます。

Breve currículo Doutor em 1995 pela Escola de Engenharia da Universidade de Tóquio. Professor associado em 2000 e professor titular em 2012 na mesma instituição. Engajamento em pesquisas relacionadas à comunicação e voz em uma ampla perspectiva que contempla a ciência e a engenharia. Possui experiência prática e conhecimento em especial no que se refere à tecnologia de voz aplicada ao ensino de língua estrangeira.


Tutorial 2

August 11, 2015   9:00-10:50

Assessing Extensive Reading in Japanese

Lecturer: Tomoko Watanabe ( Hiroshima university, Japan)

IMG_0748

Abstract Extensive Reading (ER) is a method to second language reading. When learners read extensively, they read very easy, enjoyable books to build their reading speed and fluency. Another way to say this is students learn to read by actually reading rather than examining texts by studying the vocabulary, grammar and phrases. It is instructive to compare Intensive Reading (IR) with ER. This tutorial will center on the theory and practice of assessment for ER in Japanese. We will begin with an overview of what ER in Japanese is and provide an overview of the issues involved in researching ER. A particular focus will be placed on the current issues in assessment of ER. A perusal of the ER literature shows that assessment has played a minor role that has been confined to the presentation of lower-order factual questions (Beglar , 2013: 3) . ER assessment is not about ‘testing’ because it is helping learners to build their reading speed, fluency and become more confident readers in Japanese. However, teachers often need numerical data to assign to grades in their classrooms. As each student will be reading self-selected books, it’s hard to get a test for each person each week. We will look at how to promote ER assessment for teachers. Topics to be covered include: ER in practice; the writing and grading of ER materials ; validity issues in ER assessment; developing assessment tasks; automated generation of test items; rater training; the rating process; formal and informal ER assessments for CLD children (culturally, linguistically diverse children) and adults ; the social and cultural context of ER assessment. Participants will then work together to discuss how they can fit an ER program into their situation and come up with ideas to share with others. By the end of the seminar, participants will have developed the skills to design, try out, evaluate and revise ER in classrooms and ER assessments for contexts in which they are interested.

近 年、日本国内外において日本語の多読が注目を浴びており、多読教材や多読を扱う研究論文が増えています。多読ということばを聞いて、皆さんは何を連想する でしょうか。「とにかく、たくさんの本を読むこと」「少し難しい本に何度も挑戦すること」「語彙数を増やすために本を読むこと」「教室で自由に本を読ま せ、教師が楽をしていること」? 実は、これらは全て多読とはいえません。多読(Extensive Reading、 Pleasure Reading)とは、「辞書無しでも十分に理解できる易しい本を楽しく、はやく読むこと」と定義されています。 本チュートリアルでは、 (1)これまでの日本語教育における多読研究の動向を概観し、中でも、多読のアセスメント(教育現場における多読の記録、多読研究における効果測定)に焦点をあて、その課題と展望について論じます。 (2)日本語多読アセスメントのツールを紹介します。 ・教育現場における多読の記録を支援するためのクイズ自動生成システム ・多読研究における効果測定のためのマテリアル・テストアイテム開発プロセス (3)参加者のみなさんと日本語多読アセスメントのツールを作成します。 ご参加にあたっては、下記のURLにアクセスできるノートパソコンをご持参ください。 多読クイズ作成支援ツール β版 http://assess.jp 日本語テキスト語彙・漢字分析器 J-LEX http://www17408ui.sakura.ne.jp/index.html 学習項目解析システム http://lias.intersc.tsukuba.ac.jp/ Breve currículo Doutora em 2005 pela Faculdade de Educação da Universidade de Hiroshima. Foi professora assistente na Universidade de Hiroshima, atuou no Centro de Ensino de Línguas da Universidade de Okayama, e atualmente é professora associada do Departamento de Ensino de Língua Japonesa como Segunda Língua da Faculdade de Educação, da Universidade de Hiroshima. Sua área de especialização é avaliação linguística e está engajada no desenvolvimento de um sistema que auxilia a implementação de avaliação do professor de língua japonesa, bem como a investigação de formas de avaliação no campo do ensino, excetuando os exames de proficiência de grande porte tal como o JLPT (Japanese Language Proficiency Test).


Tutorial 3

August 12, 2015  9:00-12:40

Dialogic Language Assessment (DLA) for Culturally Linguistically Diverse Children Learning Japanese as a Second Language (JSL).

Lecturer: Chiho Sakurai (The University of Osaka, Research Fellow for the Japan Society of the Promotion of Science)

IMG_0845

The Dialogic Language Assessment (DLA) for Culturally and Linguistically Diverse Children Learning Japanese as a Second Language is an assessment instrument that measures the Japanese language ability (based on 4 skills) of culturally and linguistically diverse children. This assessment instrument was developed as part of the 2010-2012 Ministry of Education, Culture, Sports, Science & Technology’s (MEXT) Integrated Learning Support Project for Culturally and Linguistically Diverse Children. This assessment instrument differs from written tests and group tests in that it is a one-on-one, dialogue-based assessment instrument that has been designed to allow each child to receive support based on his/her individual strengths. This instrument was not created for the purposes of ranking each child’s result, but rather, is characterised by its focus on using the process of DLA as an opportunity for learning as well as for getting information necessary for the child’s guidance and support in the future. In addition, the structure of the DLA aids the measurement of linguistic ability in the children’s native language and will be able to provide a comprehensive understanding of their competency in these two languages. At this seminar, I will give an overview of this research and present some findings from the DLA experience and its implementation process. Breve currículo Doutora em 2013 pela Faculdade de Língua e Cultura da Universidade de Osaka. Uma das desenvolvedoras do Dialogic Language Assessment – DLA. Atualmente, como pesquisadora da Japan Society for the Promotion of Science, junto à Universidade de Osaka, está engajada em pesquisas relacionadas ao ensino de língua para crianças com background linguístico e cultural diversos.


Panel Discussion and Round Table Panel

Debates Panel 1 – Children who migrate and heritage language issues – J

Mediator Sachie Miyazaki (Sophia University Junior College Division)

Eunice Ishikawa University of Art and Culture Shizuoka

Kyoko Nakagawa – Design Kaeru

Sachie Miyazaki -Sophia University Junior College Division

Debate Panel 2 -Contact Languages and Language Policy -J

Mediator Hiroki Okada (Kobe University)

Seiichi Nakai University of Toyama

Hiroyuki Honda – Japan of Advanced Institute of Technology and Science

Uichi Kamiyoshi Nagasaki University of Foreign Studies

Roundtable 1 Japanese Literature and Translation J Mediator  Neide Hissae Nagae University of São Paulo Kin’ya Sugiyama Kanazawa University Shirlei Lica Ichisato Hashimoto University of São Paulo Oscar Nakasato Federal Technological University of Paraná Michiyo Nakata Nikkei Literature

Round Table 2 Beliefs and Language Teaching as Heritage Language J Mediator Mayumi Edna Iko Yoshikawa Yuki Mukai University of Brasilia Makiko Matsuda Kanazawa University Mayumi Edna Iko Yoshikawa Japan Foundation

Debates Panel 3-100-year history of Japanese School in Brazilian society – P

Mediator Leiko Matsubara Morales University of São Paulo

Zeila Demartini Fabri de Brito University of São Paulo

Hiromi Shibata Universidade Paulista

Tizuko Morchida Kishimoto University of São Paulo

Yoshikazu Niwa- Brazilian Center for Japanese Language

Roundtable 3 – Contact Languages and Japanese Language Education – P

Mediator Laura Tey Iwakami (State University of Ceará)

Yuko Takano University of Brasilia Tereza Maher University of Campinas State

Leiko Matsubara Morales University of São Paulo